スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅融資とは?

住宅融資は、住宅を購入する際に受ける融資や
住宅のリフォームなどをする場合
に受けることが
多いと思います。

この住宅融資の流れとしては、まずローンの申し込みを
するために金融機関へ行って申込書類に記入し、
住宅融資の申し込みをします。

申込書が出された後は、書類による審査が各金融機関と
信用情報機関を通じて行われますから住宅融資が受けられるかが
ここでわかります。そして住宅融資が受けられることが決まったら、
住宅融資を受けるために手続きをする、という流れになっています。

意外に簡単な流れですね。

住宅融資の中で有名な住宅金融公庫の融資の場合には
申し込む期間が決まっていて年に4回だけになっています。
受付の時期などはテレビや新聞などで知ることもできますし、
金融機関などでも告知されています。

住宅融資の住宅金融公庫の場合には、融資をしてもらえると
決まって通知書が来てから工事の着工をすることが
義務付けられていますから、通知書が来る前から工事を
始めてはいけませんし、住宅融資の通知書が着た後は
2か月以内に工事を始めないといけないことになっています。

意外といろいろな決まりごとがあるのです。

そして更に屋根の工事ができたころに、また住宅融資をうけた
公庫の建築基準の条件を満たしているのかどうかの
審査もありますから、比較的審査は厳しいといえるでしょう。

そして審査が長期に渡るというところが特徴です。

このような面倒な審査を突破して初めて住宅融資が受けられるのです。



スポンサーサイト

制度融資とは?


制度融資というのは各都道府県で利用できる融資
ことなのですが、たとえば中小企業の人を対象にした
制度融資もありますが、こちらは県制度融資と呼ばれて
いて都道府県や金融機関、そして保証協会など三つの
機関が協力したうえで金融機関から融資をして
もらうえることを決めるというものです。

制度融資は各都道府県ごとに条件や審査の内容などが
若干変わってきます
から、制度融資を利用しようと
思っている人の場合には、各都道府県の制度融資に
ついて調べてみる、確認してみる必要があります。

制度融資を申し込む際には、金融機関から申し込むことができます。
制度融資の流れとしては、まずは申し込みを取り扱っている
金融機関で行って、そして金融機関と県の信用保証協会の
審査を受けたうえで審査の結果、制度融資が利用できるか
どうかが判断されます。

中小企業を対象にしたものもあれば小規模企業者を
対象にしているものもありますし、都道府県によって
それぞれ制度融資の内容は違っています。

インターネットで調べてみると自分が調べたい都道府県の
制度融資に関する公式のサイトがありますからそちらを
よく読んで確認したうえで、申し込みを取り扱っている
金融機関を通じて行うことをオススメします。

財形融資とは?

財形融資というのはどんな融資なのかというと、
働いている勤務先で財形貯蓄をしている人を対象にしている公的な
融資
です。

財形融資の条件としては、財形貯蓄を1年以上している会社員で
あることが条件
で、申し込む場合には、雇用能力開発機構が
勤務している先を通じた形で融資されるというものと、
住宅金融公庫が直接融資するという二通りの財形融資の方法があります。

会社を通じて財形融資を利用するという場合には、
転貸融資制度と呼ばれているのですが、こちらは働いている会社から
申し込むことになるのですが、この財形融資には、
ひとつ大きなデメリットがあって、もしもその会社を辞める
という場合には、借りていた財形融資を一括で返済しなければ
ならないというリスクが伴いますから、安定してその会社で
長く働き続けるといった人には財形融資は向いていると思いますが、
やめる可能性があると思っている人は財形融資の利用は少し
考えた方がいいかもしれません。

財形融資を直接借りる直接住宅融資制度を利用する場合には、
自分が持つ住宅を購入したりリフォームする際にのみ融資が
受けられるようになっています。

財形融資の申し込み条件には年齢の設定もあり、申し込んだときの
年齢が70歳以下
の人という条件があります。

不動産融資とは?

不動産融資といっても色々な融資がありますが、
不動産融資を利用しているという人も多いのではないでしょうか。
たとえば不動産融資として住宅ローンを利用しているという人も
いると思いますし、住宅だけでなく土地を購入する際に不動産融資を
利用したという人もいるでしょう。
不動産融資はどこの金融機関でもだいたいおいている商品ですが、
消費者金融系の金融機関にはありません


不動産融資を受ける際の流れとしては、まずは申し込みをしますが、
その後誰でもすぐに不動産融資が受けられるという流れでは
なくてまずは信用情報機関で審査を受けることになります。
信用情報機関で審査を受けて審査に通れば、不動産融資が
受けられるのですが、審査の結果によっては、自分が融資して
もらいたかった額よりも少ない結果になるということもあるようです。

不動産融資に関して素人はよくわからないのですが、
不動産融資にも規則法というのが決められていて不動産融資の
限度額などに関する法律
がありますから不動産融資を
受ける前にこの規制法を一度確認しておくだけでも
不動産融資を借りる際に安心して融資を受けることができるのではないでしょうか。

不動産融資といえばアスティアという会社があるのですが、
こちらは、不動産担保ローンも用意されています。
不動産を担保に入れて融資を受けることが可能です。
そのほかにも不動産つなぎローンなどもあります。

即日融資とは?

融資をしてもらいたいと思っている人にとって、
即日融資というのはうれしいことですよね。

融資をしてもらえるなら少しでも早い方がいいと
思っている人も多いのではないでしょうか。

即日融資というのは、融資の申し込みをしてその日のうちに
融資をしてもらえる
というのが即日融資です。

最近は金融機関によっては即日融資ですぐに振り込みを
してもらえるところも増えてきていますから、もしも
その日のうちにお金が必要になってしまって困ったという場合でも
即日融資が可能な金融機関はたくさんあります

先日もたまたまインターネットを見ていると200万円まで
即日融資で、主婦でも借りられる
というものもありました。

即日融資といってもだれにでもすぐに課してもらえると
いうわけではありませんが、審査に通れば即日融資で
キャッシングを利用できるところもあります。

即日融資の流れとしては、まず、インターネット上電話、
店頭などで融資の申し込みをします。
インターネットの場合にはその後すぐに審査が行われて
最短で申し込みから30分ほどで融資がしてもらえるというところもあります。
即日融資をしてもらえる消費者金融の比較をしてみて、
どこが早いのか、また金利などの面などを
比較してから申し込みをするといいでしょう。
次のページ
プロフィール

  haruhi5463

スポンサーリンク
  
カテゴリ
未分類 (0)
融資 (10)
スポンサーリンク
  
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。